ニキビ跡はレーザーで解決|正しい治療法でツルピカフェイス

ドクター

症状に合わせた処方で

検診

肌に関する悩みやトラブルは、皮膚科に相談しましょう。肌に関する悩みの代表格とも言えるのがニキビです。ニキビの発生は10代が中心であることがほとんど、と考えている人が多いですが、ニキビや20代や30代に入っても発生します。その代表的な例が大人ニキビと呼ばれるものです。大人ニキビをはじめ、いろいろなニキビの治療を図れるのが皮膚科です。皮膚科では、種類別のケア方法を教えてくれる上に、最適な治療法やニキビ跡の除去なども施術してくれます。それ以外にも様々な肌トラブルの治療を施してくれます。ニキビやニキビ跡をはじめ、肌に関する何らかのトラブルを抱えている人は皮膚科に行きましょう。

ニキビは皮膚科で診てもらえますが、処方内容はニキビの種類や症状の度合いなどで変わってきます。主に、「外用薬」、「内服薬」、「クリニックでの治療」の3種に分かれます。現在最も多いのが外用薬による処方です。外用薬も抗生物質と抗生物質以外の外用薬の、2つのタイプに分かれます。どちらのタイプもニキビそのものに効果があるだけでなく、毛穴の詰まりにも効果を挙げてくれます。内服薬には、抗生物質をはじめホルモン治療やビタミン剤などの薬が処方されます。ビタミン剤は特に効果が高く、皮脂の分泌量を適度に調節してくれます。クリニックの治療は、毛穴の詰まりや炎症を改善する治療など、症状に合わせた治療を医師自らが施してくれます。レーザーを用いた治療を薦められることもありますが、安全かつ短時間で治療を終えられます。どの処方が良いのかは医師の判断による部分が大きいので、医師との相談の元適した処方内容でニキビ治療を行ないましょう。